<< 洋服の解体ショー | main | 西部技団 紳士服技術ゼミナール >>
播州織 工場見学会
播州織の機屋さんである『大城戸織布』さんと、その播州織を使った、
独特の世界観をもったオリジナルブランドを展開する『玉木新雌』さんのショップ。
この2軒を、訪問見学させて頂きました。

日時:7月11日(土)13:00〜
場所:兵庫県西脇市
    ・大城戸織布 (播州織)
    ・玉木新雌 (播州織を使ったオリジナルブランド)

ちなみに玉木さんは、BCAが派生した、BOITSのメンバーでもあります。
玉木さんが作り出す洋服は、播州織の生地を使い、
彼女自身が、デザイン〜パターン〜縫製までこなすオリジナルブランドです。

車を止めて、錦鯉が悠々と泳ぐ掘割のある情緒ある町並みを歩くと、
まわりの環境(和)に溶け込みながらも、存在感のあるショップ(洋風ニッポン)が現れます。



大城戸祥暢社長は、
歴史のある産業界によくある、
保守的・閉鎖的な産業構造からの脱却を目指し、
OKDプロジェクトなる、Boitsと似たようなコンセプトをもつ、
ものづくりのグループを形成し、播州織りの抜本的な改革に取り組んでおられます。

大城戸さんは体育会系の方で、
ものづくりに対する熱意もさることながら、
単なる猪突猛進ではなく、糸の事、織りの事、織機の事等を、
大変よく理解されており、私達にも、熱心に、解りやすく説明して頂きました。


業界に風穴を開ける異端児として、テレビにも以前出演され、
播州織りを世界に売り込む活動等を熱く語っておられたのを思い出します。
この日も何気ない会話の中に世界を代表するブランド(納品先)がポンポン飛び出しました。

見習うべきところは多々あります。
この出会いを楽しみ、如何に繋がっていくか検討します。
次回から事前に告知し、メンバーだけではなく、
ご興味をお持ちの皆さまからも、参加者を募りたいと考えております。

今回の見学会の様子は、
BCAメンバーのホームページでも紹介しております。
・柳瀬博克(マッセアトゥーラ)


| another | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://event.boits.org/trackback/854037